ネットワークエンジニアとは

ネットワークエンジニアとはITエンジニアの中でも縁の下の力持ちと言ったイメージを持たれています。インターネットや社内のネットーワーク上で動くシステムは、ネットワークがしっかりしていないと全く意味をなしません。ネットワークエンジニアは会社や組織内のサーバーの安定稼働を常に意識したり、パソコンが正しくネットワークに接続できるようにネットワークの設定やメンテナンスをおこなったりと細かい作業が多いです。当然のことながら、ネットワークの知識と、サーバーに関する知識は必須のスキルと言えます。

また、BtoBやBtoCのサービスを提供している組織の場合は、そのサービスに対してネットワークの負荷が激しくないか、悪意のある第三者からサーバーに対して攻撃が行われていないか等のサービスに対するリスクを監視し出来る限りシステムのダウンを防ぐと言った防衛策を講じるスキルもネットワークエンジニアには求められます。

システムエンジニアやプログラマーのように明確な物作りはしませんが、上記のような重要な役割を果たすためITの世界ではなくてはならない存在です。